さいたま市のおすすめ不動産情報まとめ
さいたま市のおすすめ不動産情報まとめ

さいたま市の不動産会社探しで失敗しない!物件探しのサポートサイト

HOME » 武蔵浦和の不動産情報ナビ » 南区の街情報

南区の街情報

埼玉県さいたま市の南区。そのなかでも住みやすさで評価が高いといわれている武蔵浦和の情報についてくわしくまとめてみました。

南区(武蔵浦和)の住みやすさにかんする情報

埼玉県さいたま市の南区は、政令指定都市として生まれ変わるさいに分断された旧浦和市域の中央部分南側に位置しています。関東平野に位置しており、比較的標高が低く、低地と台地の境には荒川が流れており自然堤防などの跡地も見ることができます。

商業地としても栄えている一面があり、南浦和駅や武蔵浦和駅は都市部とのアクセスもよく、さまざまな都市開発が行われている場所。超高層マンションが多数立ちならぶ風景は壮観です。特に武蔵浦和駅周辺はさいたま市の副都心として位置づけられており、商業だけでなく工場や物流施設が数多く建設されています。

子育てや教育環境は?

元々、武蔵浦和に位置する場所である旧浦和市は県庁所在地でした。そのため埼玉県の中心地として機能させるために行政だけでなくさまざまな教育施設が数多く建設されたという歴史があります。その代表的な施設のひとつが、埼玉大学のキャンパス。そして付属する埼玉大学教育学部付属中学・小学校です。さらに進学校としても有名な埼玉県立浦和高等学校、埼玉県立浦和第一女子高等学校など、さまざまな教育機関が集まった文教都市としての一面を持っています。そのため、比較的治安もよく、駅周辺にはさまざまな進学塾が数多くそろっている都市としても知られているのです。

買い物には便利? 自然環境は?

近年では、武蔵浦和駅の西側にマンション一体型の複合施設が建っており、食品や日用雑貨を手軽に購入することが可能です。もちろん駅周辺にはホームセンターやスーパーマーケットがそろっています。さらに、近年では駅前再開発事業の一貫として、複合商業施設を建設予定であり、利便性においては都市部となんら遜色ないといっていいでしょう。

さらには、全長2キロメートルにわたる遊歩道があり、春には満開の桜。初夏になると紫陽花。秋には印象的な紅葉を満喫できるなど、四季折々の風景を楽しむこともできます。ゆったりとした水面で心を落ち着けることができる歴史の深い「別所沼公園」には、さまざまな遊興施設があり、休みの日には多くの家族が憩いのひとときを楽しんでいます。

どんな公共施設が? 医療や福祉は?

さいたま市南区の行政をになっている「さいたま市南区役所」は、武蔵浦和駅から徒歩1分に建つ公益複合施設「サウスピア」の4~7階部分にあります。もちろん、区民課や保険年金課などの手続きなどもおこなうことが可能です。「サウスピア」内の2~3階部分には「さいたま市立武蔵浦和図書館」があり、利便性の高い公共施設として多くの人たちに親しまれています。

武蔵浦和駅近隣は医療設備なども充実していることで知られています。住宅街の一角にはメディカルビル。さらに足をのばせば医療機関とデイサービスを一体化させた医療施設「武蔵浦和クリニックファーム」があります。ここでは、内科、小児科、耳鼻咽喉科といったクリニックがひとつのビルに入っており、駐車場も広いので利便性が高いことで知られています。