さいたま市のおすすめ不動産情報まとめ
さいたま市のおすすめ不動産情報まとめ

さいたま市の不動産会社探しで失敗しない!物件探しのサポートサイト

HOME » 不動産お役立ち情報 » 物件選びのコツ

物件選びのコツ

理想の家を購入するために、ぜひ知っておきたいポイントをまとめてみました。不動産物件の選び方の参考にしてみてください。

不動産物件を購入するさいに知っておきたい選び方のポイント

不動産物件の購入は、家族にとって非常に重要な買い物となってくるため、さまざまな知識を仕入れておく必要があります。そこで「新築戸建て」「中古戸建て」「マンション」「土地」などの代表的な不動産物件の選び方のポイントについてわかりやすくまとめてみました。

「新築・中古戸建て」や「土地」を購入するさいのポイント

一般的に新築で家を建てるさいには、まず最初に土地選ぶからはじめることが多いといわれています。その際に、一番お世話になるのが不動産業者ではないでしょうか? 大抵の人は土地選びにかんする熟練した経験を持っていません。そのため、専門家である不動産業者にアドバイスや取引を頼むのはまちがいではないのですが、そのすべてを業者に頼ってしまうのは、あまり正しい方法とはいえません。

ご存知の通り、土地は決して安い買い物ではありません。さらにいうのであれば、気に入らないからといって一度購入したものを気軽に変更することもできません。自分の時間を惜しまず、その土地にかんする知識や情報をできるだけ仕入れる努力は惜しまないようにしましょう。

例えば、購入を考える土地の地盤が地震などの天災に耐えられるものであるか? 基礎工事にはどれほどの金額が必要なのか? その土地の相場価格はどれくらいなのか? 将来的なビジョンや目的に合わせて調査することで、理想の家が確実に現実味を帯びてくるものです。

新築戸建ての場合も土地と同じく不動産業者にまかせっ放しではなく、自分で建物にかんする調査や情報収集を行うことが必要になってきます。

土地や購入プランは気に入っているけれど、家の周りにはどのような隣人がいるのか? こればかりは不動産業者にもわからないものです。家に足を運んでどんな隣人がいるのか? 敷地に関するトラブルが起きる心配がないか? 隣家と適切な距離があるのか? といったことをよく見ておきましょう。もし、何からのトラブルが起きそうであれば、毅然とした態度で業者に対応することも必要です。これは、中古一戸建ても同様です。

中古の場合には、まず「違法建築ではないか?」「実際の経年劣化の状況は?」といった確認も加えて行うことで後々のトラブルを回避できます。中古住宅は、建築年数が経過していると図面が残っていないというケースがよくあるようです。

業者が用意している販売図面だけを信じるのではなく、平面図や立面図、外壁、内壁、断熱材の仕様がどうなっているかがわかる矩計図(かなばかりず)や仕様書などの提出を、業者に求めることも重要です。さらに、建築物にかんする検査済み証がきちんと交付されているかも、積極的に聞いてみましょう。

土地や新築住宅で注意しておきたい、そのほかのポイントも紹介しておきましょう。

【土地の購入】

【新築戸建て】

【中古戸建て】

中古マンションの選び方のポイント

見るべきポイントは基本的に通常の戸建て住宅と一緒ですが、集合住宅ということで隣人にどのような人間がいるかを調査することが非常に重要になってきます。トラブルを回避するうえで、不動産業者にどのような人がいるかをきちんと聞いておくといいでしょう。

また、人や交通量も通常の一般住宅とはちがい日や曜日によって大きく変化します。休日は静かであっても平日は騒がしくなったり、交通量が変化したりと、周りの環境が変わってくることも考慮にいれることが必要です。

【中古マンション】